自慢の山・山造りの達人達の紹介

信州木楽ネット TOPへ

自慢の山・山造りの達人達の紹介 詳細

私の山造り

・所有面積 70ha
・主な樹種 杉、桧、広葉樹(ナラ等)
半分以上は自分で植えました。地形や土を見て適地だけにスギやヒノキを植えました。

ご紹介する山の木・山の作業状況

スギ・ヒノキの優良材生産を目標としています

自慢のスギ林・太さが伝わるでしょうか

  • 村澤さんと樹齢120年のスギ

<主な手入れの状況> 施業履歴
この地域は、200年位前から植林が行われており、大径木は、明治の初期から
大正にかけて、おじいさんや親父により植えられたもので、木は先祖が残し
てくれた宝です。「スギの大径木は昔、木挽きさんが山で挽き割り6尺材にし、 背板で天竜川まで運び、筏の上に乗せて、天竜市方面へ運んでおったんだに。」山の中にある、「唐渡の森神社」の御神木は、高さ40m以上で胸の高さの直径が150㎝以上のスギの大木です。

抜き伐りの繰り返しで山を守る

・枝打ちは、昭和30年代から実施してきました。
・間伐を繰り返す施業を実施しています。
・作業路の開設は、昭和50年代後半から行っており、現在も開設中です。
 幅員は約2mで総延長は6,000mを超えました。
・複層林化は昭和60年代から取り組んでおり、スギの下にヒノキをヘク
 タール当り3,500~4,000本の割合で植えており、下層木の手入れは、
 雪起しと枝打ちを実施しています。
・抜き伐りは、隣同士の木の枝が触れ合い始めるようになる時期を目安
 に実施しています。
・丸太は、主に近隣の市売りにかけています。

こんな木もお届けできます

・スギ (柱・桁・梁などに最適、磨き丸太の在庫あります)
・ヒノキ (柱にどうぞ)

山づくりのモットーなど

  • 年輪の輪が小さく、芯が真中に

・「質のいい木をつくる」山の木を育てるには、長い時間が必要です。現在の
 ように林業にとって厳しい時代もありますが、今、手を抜くわけには行きま
 せん。手を抜くと木はよくならないし、林はすぐに荒れます。
・林を適度な込み具合に保つよう間伐(抜き伐り)などの手入れを進めていくと、
 芯から外側まで年輪の幅が2~3mmに一定した、素直で一番力を発揮する材
 になります。育ちの良すぎる木や欠点のある木は早めに伐採しましたから、
 今はいい木が残っているんです。
・また、これを安く提供するために、巾は狭いけれどどこにでも入れる作業路
 を入れて、こまめな伐採(間伐)を繰り返すこととしています。
・わたしも次の世代にこの木を残したい。そのためには、針葉樹はもとより広
 葉樹も適度に育てながら、長伐期施業による複層林化を進めていきたいと思
 っています。

自己紹介

名前 村澤崇
住所

〒399-1201
長野県下伊那郡天龍村大字平岡1807
TEL:0260-32-2423
FAX:0260-32-2432

活動・事業内容など

●活動
「伊那谷の森で家をつくる会」の建築家の皆さんや工務店も紹介できます。
●家づくりについて
・最上の木材を提供するためには、昔から秋彼岸の頃よりの伐採が望ましいと言われており、木材の
 成長が止まり、水分が少なくなる時期で、伐採後葉をつけたまま3~4カ月葉枯し乾燥をしますと、スギは特に軽くなり、強度が増し、色もピンク色の材が生産できます。
・わたしも自分の山の木で家を建てました。一度見に来てほしいと思います。
・伐採から製材建築までには、3年以上を要しました、特に造作材は一夏一冬を経過した、乾燥材の提供を大工さんから求められました。
・木のよさを引き出すこつは時間を掛けて、じっくりと取り組むことだと思います。