製品認証申請の手続き

申請の流れ

1、申請
製品認証を受けようとする者は、製品出荷予定日の2~3週間前までに、製品センター事務局へ問合せ・相談をし、様式1号の「信州木材製品認証申請書」、「県産材証明書」等に必要事項を記入の上、申請・提出する。
2、申請内容の確認
製品センターは、製品認証を受けようとする者から申請をうけたら、申請書の内容等を確認し、不備がある場合は、その者へ連絡をし確認する。
3、検査員の派遣・検査日程の調整
申請内容が確認できたら、認証検査員に連絡をし日程の調整をする。日程が決まったら、申請者にその旨を連絡する。(注)申請工場は、検査日までに申請した全製品を用意しておくこと。
4、現地調査
現地へ認証検査員が行き、まず申請品目(数量等)を申請者と確認をしたうえ検査を実施する。
検査は、検査項目並びに認証基準に定められた検査を実施する。
※検査員は2名以上(アドバイザー含む)位で現地へ行く。
5、判定・報告
認証検査員は、検査した記録等をもとに、最後に現場で検査結果(判定)を申請者に伝える。
認証検査員は、検査結果(検査記録表等)を製品センターへ報告する。
6、申請者へ結果通知
製品センターは、判定通知書(様式2号:信州木材製品認証検査報告書)を申請者へ通知する。
※合格の場合は、認証ラベル等も一緒に送る。
不合格の場合は、再度認証する必要がある。
7、製品認証された製品の出荷
申請製品が合格であれば、その製品に認証ラベルを貼り、合格通知書(写し)と一緒に製品を出荷する。
ページトップへ