信州木材認証製品

信州木材認証製品とは

木材関係団体で組織した信州木材製品認証センターが、一定の品質基準を満たした信頼の製品であることを認証した県産材を「信州木材認証製品」と言います。

信州木材認証製品は、長野県産のカラマツ、ヒノキ、スギ、アカマツなどを材料にした、柱・梁桁・壁板などの製品です。乾燥、品質、寸法についての厳しい基準をクリアしている信頼性の高い製品です。

県産材なら、安心して使える認証製品を!

なぜ、信州木材認証製品が良いの?

木材は、人や環境に優しい資材で、ぬくもりや調湿機能も持ちあわせています。もともと生物だったわけで、樹木だったときは多くの水を吸って生きていました。家づくりに利用するときはこの水分が困難のもとです。住宅の瑕疵や不具合の原因のひとつに、水分管理の行き届いていない生の木材があるという方もいるくらいです。その点、認証製品は含水率が20%以下の乾燥材ですから、安心です。とびら・ふすま等の不具合も発生しにくくなります。最近の住宅はエアコンの普及により湿度の低い状態が多いようですから、なおさら、乾燥材をお勧めします。

なお、未乾燥材でも腕のいい大工さんなら、木材の乾燥まで予知して木組みを考え、建てながら木を乾かす方法を知っていますから、認証製品でなくても心配ないかもしれません。ただし、どんな大工さんでも大丈夫と言えないのが心配な点です。

認証製品供給のしくみ

主な認証の基準

1. 含水率

柱・梁などの構造材 20%以下(カラマツ・アカマツ芯持ち材は15%以下)
敷居・鴨居などの造作材 18%以下(カラマツ・アカマツ芯持ち材は15%以下)
壁板・フローリングなど
内装材とすべての集成材
10±3%
接着重ね梁 構成エレメントが15%以下
下地材 20%以下
デッキ材 構造用デッキ材20%以下(カラマツ・アカマツ芯持ち材は15%以下) 板類のデッキ材12±2%

いわゆる乾燥材です

2. 等級

等級表示がない場合 強度等級3級以上=強度に影響ない程度の節あり
等級表示を行う場合 強度等級(1~3級又はE50~150など)
<強度等級の表示方法>
1~3級 節の大きさなどを測定して区分する指標。人の目で確認して決める。
E50~150 材の強さを「荷重」と「たわみ」などの関係から導きだした指標(「ヤング係数」という)。
打撃式の機械などで決める。

3. 寸法

仕上げ 乾燥後挽き直し等の狂い修正処理、及び表面・寸法仕上げがなされたもの
粗仕上げ 乾燥後挽き直し等の狂い修正処理を行い、表面・寸法仕上げがなされていないもの

【 認証基準 】

信州木材製品認証基準(全文) 

 

認証製品の製造工程

認証工場一覧

認証工場一覧表はこちら

ページトップへ